ナットウキナーゼの驚くべき効果とは|ネバネバの力でサラサラ血液に

嬉しい栄養がたっぷり

食卓の定番に栄養がたっぷり詰まっています

納豆は古くから日本では、親しまれてきた食材の1つです。ですがそのニオイや食感などが苦手で、あまり好きではないという人もたくさんいます。 しかし、納豆は古くから食べられてきているだけあって、栄養価が高く病気予防にも効果が高い成分が含まれている事がわかっています。 その代表的な栄養素というのがナットウキナーゼであり、納豆のネバネバした部分に多く含まれています。このネバネバは煮大豆を発酵させることによって発生する納豆独特のものであり、この成分が納豆の栄養価を高めています。 ただ納豆を食べるということを意識するのではなく、ナットウキナーゼを積極的に取り入れることを意識してみてもいいでしょう。最近は食材だけではなくナットウキナーゼの栄養素を含んだサプリメントもあるので、効率良く摂取することが可能です。

嬉しい健康効果

ナットウキナーゼは納豆に含まれる、成分の1つです。納豆をかき混ぜるとネバネバしますが、そのネバネバ部分にナットウキナーゼは含まれます。 血管内に溜まってしまった血栓を、ナットウキナーゼは溶かす働きがあると言われています。また、コレステロール値を下げる作用もある為、ナットウキナーゼは血栓自体を作り難くする効果も期待できる成分です。このように血管の健康にお勧めのナットウキナーゼですが、薬との組み合わせには注意しなければいけません。「ワーファリン」などの薬を飲んでいる場合、薬の効果を抑えてしまいます。ですので、血液に作用する薬を飲んでいる方は、納豆を食べていいか必ず医師に、相談しましょう。