福祉のプロを目指そう【福祉専門学校に通うメリット】

医師の負担軽減

勉強

医師の事務仕事の削減

日本は、超高齢化社会に突入しています。長生きすることは喜ばしいことですが、それに伴って医療費も大幅に増加しています。医師不足が言われて久しいですが、当然のことながら一人一人の医師の負担も増大しています。診察や治療などの本来の医療行為はもちろん、煩雑な事務作業もあります。医師に、少しでも本来の診療業務に注力できるように様々なコ・メディカルの職種が設けられていますが、その一つに、医師事務作業補助者があります。一般的には、メディカルクラークとか、ドクターズクラークとも呼ばれています。診断書や紹介状の作成、カルテの入力、処方箋の作成、検査のオーダリングなどは、これまで医師が行っていました。医師事務作業補助者は、これらの業務を医師の指示に従って代行します。そして、医師の確認を受けて、発行したりします。医療事務が診療報酬請求業務、いわゆるレセプト作成が主業務になるのに対して、医師事務作業補助の仕事は、診察に関わる事務業務について、医師をサポートする業務が中心となります。医師事務作業補助者になるためには、特段の資格は必要とされていません。各種団体が民間資格として試験を行って、名称を付与したりしていますので、これらの資格を取得していれば、医師事務作業補助者に必要なスキルや知識を有しているとアピールすることができます。今後も医療に対する需要は増加することが予想されますので、医師事務作業補助の仕事は需要がある、安定した仕事の一つとしてあげられます。