ナットウキナーゼの驚くべき効果とは|ネバネバの力でサラサラ血液に

サラサラ血液

納豆菌から作られる有効成分

ナットウキナーゼは、納豆菌から作り出される酵素の一種で、納豆のネバネバのもとになっている物質です。1980年代に発見され、現在も注目を集め続けている健康成分です。 納豆の原料となる大豆は良質なタンパク源として古くから愛用されてきましたが、中でも納豆はその発酵過程で健康の維持・増進に効果のあるさまざまな成分が作り出されることで知られています。ナットウキナーゼもその1つです。 最近ではこのナットウキナーゼを抽出・配合したサプリメントも多くの種類が出回っています。飲みやすいように工夫されているので、健康のために納豆を食べたいけどあの独特の匂いや食感が苦手、という人でも手軽にナットウキナーゼを摂取できるようになっています。

ドロドロ血液をサラサラに

ナットウキナーゼの働きとして注目されるのは、血液に対する作用です。 たとえば血栓を溶かしやすくする作用です。血栓とは血小板が集まって血の流れをせき止める身体の作用ですが、いわゆるドロドロ血液の人はこの血栓ができやすく、脳梗塞や心筋梗塞の原因となるリスクがあります。ナットウキナーゼにはウロキナーゼという血栓を溶かす酵素を活性化させる働きがあり、血栓に伴う病気のリスクを低下させるのに役立ちます。 また最近の研究では、ナットウキナーゼが血流の改善や血圧の低下にも効能があることが分かってきました。血液をサラサラにし、高血圧をはじめとする生活習慣病の予防に役立つとして高い評価を得ているのがナットウキナーゼなのです。